Loading...

テスト2

TeamViewer ホストは、年中無休でリモートコンピュータにアクセスするために使用され、リモートモニタリング、サーバーメンテナンス、オフィスや自宅の PC や Mac への接続に理想的なソリューションです。無制限の数のコンピュータやデバイスに TeamViewer ホストをインストールしましょう。ライセンスを受けたユーザーとして、それらすべてにアクセスできます!

テスト1

テスト1

サーバーの仮想化

その問題「サーバーの仮想化」で解決しませんか?

機器の交換のたびに発生する、システムの再構築と環境構築。
環境変更に伴うシステム自体のバージョンアップ。
ソフトのリプレイスを検討したいが体制が整うまで延命をしたい。

そんな悩みは、「サーバーの仮想化」でサーバー資源の統合と移行が便利です。

仮想化で管理者の悩みを解決

ソフトウェアの悩み

ハードのリプレイスは必要だが、ソフトは現環境で継続したい


現在のOS環境をそのまま抽出することで、まるごと新しい環境への移行が可能です。構築手順が、不明な場合や依存環境が入手困難な場合でも、環境を構築することが可能です。

ハードウェアの悩み

現環境やテスト環境などを残したいが、サーバーの増加やリソースの無駄は避けたい


仮想サーバーでは、1台の物理サーバーで複数のサーバーOSを稼働させることができます。
メモリやCPUコア数などのリソースも、管理画面にて変更することができます。
使用頻度低いサーバーを停止し、余ったメモリやCPUを新しいサーバーへ割り振ることで、リソースの無駄をなくすことが可能です。

 

仮想化技術について

複数サーバーをまとめて管理、サーバーの仮想化

Microsoft Windows Server 2016 Hyper-V や VMware ESXi Server などの仮想OS駆動ソフトを利用すると

  • ハードウェアとソフトウェアを切り離して柔軟な対応が可能に!
  • 1つの物理サーバー上で複数のサーバーの実行が可能に!

システムはそのままでサーバーを入れ替え、
さらに、複数台のサーバーを1台に集約

仮想サーバーで効率的なリソース利用とコスト削減

複数の物理サーバーを運用していると、各サーバーのCPU使用率やメモリ消費などが低く、サーバーの性能を十分に発揮できていないことが多くあります。そのため、実際のサーバーのリソースは1台で十分なのですが、OSや依存環境の制約で複数台のサーバーで運用し、余分な保守費用などを支払っている場合がございます。仮想化されたサーバーでは、1台のハードウェアのリソースを各サーバーへ割り振るため、導入コストや保守費用についても1台分で運用可能です。その上で、各サーバーには管理画面よりメモリ量やCPUのコア数を物理サーバーから配分することすることが可能です。使用していないサーバーには、割当メモリを減らし、逆によく使うサーバーには メモリの割当を増やし効率よくリソースを運用し、コスト削減につなげることも可能です。

CPUパワーやメモリ量などのリソースを効率よく使用
ハードウェア導入コスト・保守コストを削減

三愛情報 株式会社

〒510-0074 三重県四日市市鵜の森1丁目10番7号

電話番号: 059-359-0561